会社選びをしよう

白い住宅

不動産会社選びが肝心

不動産会社といっても、全国に多数存在していますし、それらの不動産会社がすべて同じではありません。不動産会社には大きく2つの種類に分けることが出来ます。その種類とは、広範囲型と地域密着型です。それぞれ違った特徴を持っていますので、それぞれのタイプを知った上で利用する不動産会社を選ぶようにしましょう。

店舗型が人気です

広範囲型の不動産会社というのは、人通りが多いところに店舗を構えています。全国的に店舗展開をしていて、沢山の店舗があります。店舗数が多いということは、それだけ取り扱っている物件のエリアも広いということです。物件数も豊富に持っていて、様々な条件に対応しています。営業マンは若い人が多く、物件に対しての知識は豊富ではないものの親切丁寧に家探しをサポートしてくれます。 地域密着型の不動産会社というのは、人通りが多いターミナル駅周辺にはありませんが、ローカル駅の周辺に存在しています。チェーン展開はしていませんのでその1店舗のみの営業となっています。取り扱っている物件の数は多くありませんが、各物件の情報を豊富に持っています。賃貸の場合には、物件の大家さんと直接知り合いのことが多く、融通が効く場合もあります。営業マンは、面倒見が良いという傾向にありますので家探しが初心者の人でも安心です。地域情報に詳しいので、物件だけではなく地域の紹介もしてくれます。 どちらの不動産会社がよいのか?ということは一概に言えません。どちらにも良い特徴がありますので、シーンに合わせて使い分けできるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加